powered by 株式会社人材研究所

Vol.18「ナビ解禁直前対策~リファラル採用編~」

Vol.18「ナビ解禁直前対策~リファラル採用編~」

みなさん、こんにちは。人材研究所代表の曽和です。
今回と次回はつづけて、就職ナビ直前対策として、3月1日の採用広報活動解禁直前の残り時間に、これだけはやるべきという事についてお話します。
やるべき事は2つありますが、1つ目には「リファラル採用を今こそやるべきである」とお伝えしたいと思います。

「リファラル採用」とは

ご存知の通りリファラル採用とは「紹介による採用」のことです。自社の社員や内定者から、後輩や知り合いを紹介してもらって、応募に繋げることを指します。
昔からある手法ですが、近年、再評価され多くの企業がもう一度、取り組んでいます。実はリファラル採用の時期は、2月の今が本当に最後のチャンスです。

ナビ解禁前が「リファラル採用」の最後のチャンス

ナビが解禁されると、説明会や本選考が、本格的に始まってしまう会社もどんどん出てきます。
紹介によって母集団形成をすることには、本選考が障壁になる部分があります。採用活動に向けて、世の中全体がバタバタしてくるので「腰を据えて紹介による母集団を形成できる」というのは、まさにこの2月までの時期なのです。

内定者が学生のうちに紹介してもらう

会社によっては新入社員が入ってから、後輩を紹介してもらう所も多いと思います。しかし、内定者が学生の内にその学生の後輩を紹介してもらう方が一番確実です。
しかも3月は春休みに入って、卒業旅行等に行ってしまうなど、内定者(学生)が不在という場合も結構あります。
すると、この2月の間に、内定者もしくは新人から後輩や友人を紹介してもらって、その方々に会いきる、連絡したりアプローチをしきる、という事を徹底した方がいいでしょう。

このことから学生や後輩の紹介は2月までにやっておくべきということです。

2月中には母集団のフォローを

今から準備は難しい部分もあると思いますが、リファラル採用の受け皿として、インターンシップなどはいかがでしょうか。
インターンシップは8月9月が一番のピークですが、2月にも実はまた一山あります。特に理系の方だと夏は忙しくて、冬の2月のほうが参加しやすいという傾向もあるので、まだチャンスはあるのです。
リファラルで候補者の母集団形成をした上で、例えば2月にインターンシップ(1Dayでもいいかもしれません)を開催して、フォローする事を3月のナビ解禁前の対策として、可能な限りやりきることがとても大切です。

というわけで、今回はナビ解禁直前対策の1つ目として、2月末までに「リファラル採用」をやりきることをおすすめしました。

今年も採用課題、組織課題、人事課題などの解消をお手伝いするために株式会社人材研究所は取り組んでまいります。
人事・採用・組織制度に関するお困りごとなどございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
組織課題に関することなどは全般的取り扱っておりますので、まずはお気軽にご連絡をお待ちしております。

こちらのブログはYouTubeでもお話ししておりますので、ぜひ、こちらもご覧ください。チャンネル登録もお待ちしております。


また、人事や採用の話を詳しく聞きたい方を対象に、弊社スタッフが貴社へ伺い「オリジナルのセミナー」を実施させていただきます。

採用について詳しくご相談したい、聞きたいという方は、弊社人材研究所までぜひお問い合わせください。
下記のリンク
からご連絡をお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
リンク:採用を成功に導くための採用戦略セミナー&相談会

採用戦略セミナー&相談会を貴社で開催します!